四季を楽しむ・・・行く・見る・試そう・調べよう〜〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 気ままに歩く〜  1月の記憶  鴨が不在!ならば裏山に行こう!」

<<   作成日時 : 2017/01/12 18:38   >>

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 4

2017. 1. 7  (土曜日) 晴れ  10:00〜11:30

元旦から続く好天気に、気分も晴ればれ喜び一杯です。しかし午後から明日に掛けて下り坂との予報。

ならば好天気の合間、和歌川河口に出て鴨を探して見よう・・・・・・何時もの道を急ぐ。民家の軒先、見上げると「冬桜」が今も花を咲かせている。

冬の寒空に、厭うこと無く健気な花なりである。歩きながら思う!ソメイヨシノ等と、春咲く花との違いは何か。思えば好機!調べてみよう・・・・・・・・
画像


Webページで「冬に咲く桜は・・・・・」で検索し、その一例をメモして置きます。
冬桜:冬に咲く桜の事。山桜と豆桜の交配種を指すが、近年10月〜1月頃に咲く桜の総称。 
豆桜:桜の野生種。富士山近辺・その山麓・箱根近辺に自生する。樹高は大きくならず花も小粒。

冬桜の別名:小葉桜(大島桜・豆桜の交配種)・四季桜(江戸彼岸桜・豆桜の交配種)・十月桜(豆桜・小彼岸桜の交配種)・寒緋桜(台湾・中国・東南アジア・沖縄に自生する早咲きの原種)その他、緋寒桜・寒桜・緋桜・・・・・・・

う〜ん 恥しきかな!歳を重ねても知らない事が多過ぎる。でも直ぐに忘れてしまうのだが、調べる!知るって面白いことだ!
画像


鴨は居るかな?・・・・・・和歌川浄化水門が見える探索地に到着する。残念です本日は鴨・その他水鳥らしきもの皆無なり。年末には、多い時で200羽、少ない時では20羽程、水面に浮かぶ光景を買い物途中の車窓から眺めたのだが・・・・・・・

ならば方向転換、裏山(秋葉山公園)に登り梅の開花を探って見よう・・・・・・
画像


青空に薄い雲、歩けば暖かい!登り道で和商高・陸上部の選手たちが強化練習を終えたのか頬を赤く染めて整列している。遠くに大阪湾・淡路島を望む景色を満喫。
画像


秋葉山梅園・・・・・・・山頂近く、樹数は少ないが地元有志の寄贈によって植栽された梅林。
数ある中で予想通り、唯一この樹だけがチラホラ花を咲かせている。
画像


梅の樹も農作物と同様に、早咲き・遅咲き!早生と晩生があるようだ。或ると言っても大方、交配・品種改良により強制されたものよと想像するが・・・・・・
画像


状況は予想通りなるも、消化不良の感じ捨て難く、チラホラ咲きの梅花をカメラに収めて、花無しの梅林を振り返り跡にする。
画像


近年、典型的な老化現象に悩む。頓に聴力の低下と耳奥で絶えずジ〜ジ〜虫が鳴いている。山野に出ても鳥の鳴き声や秋鳴く虫の声聞き分け難く、これ実に情けく困った現象。
画像


野鳥探索には、鳴き声が頼り。鳴き声で位置を知るは最良の手段なり。鳴き声・羽音が聞き取り難しは、最早致命傷である・・・・・・・・

でも見つけました!小鳥の存在。カメラに収め拡大してから「モズ」であることが判りました。肉眼では、ジョウビタキ・ツグミ・シメ等々想像したのだが・・・・・・・
画像



2017. 1. 9   (月曜日) 薄曇り  祝日  10:00〜

昨夜(日曜日)は、予報通り一日雨となる。某テレビ局大河ドラマが始まった。「真田家・六文銭」から「井伊家・井桁紋」にバトンタッチしてのブロローグ。今後の展開に乞期待!!

量販店までの道すがら和歌川の水面を覗いてみる。居ました数は30羽程か「ホシハジロ」の群れに1羽の「キンクロハジロ」が混ざっている。

車を駐車場に入れて買い物は家人にお任せ、スタコラ持参のカメラを肩に川岸へと急ぐ。
画像


一際大きく見える水鳥。お〜カンムリカイツブリも一羽だけ居る。
画像


そう言えば12月7日にも同じ光景を見ました。羽数やキンクロハジロ・カイツブリが一羽づつ混在する。当時と全く同じ仲間に見える・・・・・・・・断言は出来ない!群れに目印何てありません。勝手に推察するのみです・・・・・・・
画像



2017. 1.10  (火曜日) 晴れ 正午過ぎ〜

昨日見た鴨の群れを追い駆けて、再び河川敷へ出かけての顛末。はい〜見事に裏切られました。本日は水鳥の姿皆無にて、その痕跡すら見当たらず。河川敷を約1時間散策して帰途に付く。

振り返れば、先月23日の事。数多く鴨が浮かんでいました。ホシハジロ・オナガガモ・キンクロハジロも混じっていました。ユリ、カモメも浮かんでいました。
数多くの水鳥達は、此処に定着するものと思っていましたが考えは甘かった。一羽残らず姿を消してしまうとは残念です。
画像


どうやら、この地は常宿では無さそうです。渡りの通過点、一時休息場なのでしょう。まぁ〜それも良し、でも以前はモット沢山、常駐していたと記憶する・・・・・・・
画像


川底を漁り、採餌の光景も見たのだが・・・・・・・・そう言えば、今は採餌の光景は見る事無し。居眠りしながら風に漂う姿か、精々羽繕いする様子しか目に入らない。   
画像


帰りの途、民家の屋根にジョウビタキを見付けたのも昨年の記憶です。
画像



話は前後してややこしい・・・・・・・ややこし序に、過去の記憶を呼び戻して見よう。
2011〜2014年のUSBメモリーを開いて見ると、やはり記憶通り、随分数多くの鴨達が飛来し滞在していました。

居眠るばかりで無く、陸に上り日向ぼっこや、水面に頭を突っ込み川底を漁ったり、躍動する姿が数多く残っていました。

では近年、飛来する数も少なく長期滞在もしないその原因は?まさか!鳥インフルエンザの影響か?そこまで飛躍しなくとも・・・・・・・・

でも、でも!当河口は、彼らの食物は何も無し!採餌出来ない場所となってしまったのカモである。・・・・・・・・此処は、荒れ模様の日の一時避難場所。
これが正解かも・・・・・・・しかし是は、飽く迄も素人考えの一つなり(笑)・・・・・・・



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
若山さん、こんばんは。
寒くなりましたね!
秋葉山は綺麗になりましたね。
学生時代まで東高松に住んでいて、
よく登りました。
その後一度だけ梅林に行ったことが
あるだけです。
まだ野良猫は多くいますか?
雑賀衆の事で調べたいことがあります。
帰り道和歌川御殿にお邪魔します。
セラ吉
2017/01/14 21:38
この寒波の中、健気に白梅が咲いてるのですね〜〜
秋葉山は、アスレチック有りますか?
四季の郷も梅咲いてた!今月末から紀南方面は、梅林の観梅シーズンですね〜
馥郁として香り千里⁉
鳥博士の活躍時期ですね💘
自然界は、鳥も花も忘れず、蕾をつけ、飛来します!!♪♪♪😋
人間様も長年の経過で、調整も必要、宥めて生きていきましょうね!!(◎_◎;)
解らないことは、調べる〜前向きな姿勢ーー羨ましい限り
見習います💓
翔女
2017/01/15 13:36
セラ吉さん今日は〜
はい〜秋葉山公園は、私たちの津波の際の避難場所です。先年、綺麗に整備し見晴らしも良くなりましが、今も野良猫が沢山野宿している事に変わりありません。
少年期の頃は、山裾に池もあり、野鳥や昆虫が沢山見ることが出来、採集も出来たのですが・・・・・今は、山の生態系も大きく変化し驚くばかりです。


若山
2017/01/16 13:15
翔女さん今日は〜
寒くなりました〜各地は大雪ですが和歌山はチラホラ降った程度の雪。豪雪地帯の苦難を考えると悦ばしい事ですが、程々に降る雪も、偶には経験したいものですね。
今日午前は初通院日、車窓から見る川面に水鳥の姿は無し。不思議です!居る時、居ない時、何がそうさせるのか?過去の記憶とこれからの状況を感じ取りその訳を知りたいで〜す・・・・・ヒントを求めて寄り多く現地に通うことでしょうかね??
若山
2017/01/16 13:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
気ままに歩く〜  1月の記憶  鴨が不在!ならば裏山に行こう!」 四季を楽しむ・・・行く・見る・試そう・調べよう〜〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる