四季を楽しむ・・・行く・見る・試そう・調べよう〜〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 気儘に歩く〜 4月の記憶  桜・楓・イチョウも花咲く 

<<   作成日時 : 2017/04/30 10:01   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 4

2017. 4.18  (火曜日)  晴れ  

 今年から毎第3火曜日・午後の約1〜2時間。定例集会に先立ち、カメラを肩に和歌山城公園内を歩くことを履行する。しかし天候不良の場合は、お休みと思うが、幸いな事に今迄一度もお休みにはならない。

目的は何か・・・・・・・強いて言えば、自然の移ろいを観察する事にある。生まれて早や80年、奇しくも、老人の入り口に差し掛かった思いは否めないこの頃であるが?社会人となって以来。大袈裟に言えば、気持ちを落ち着かせ、揺ったりと木々や野草花・蝶・野鳥を眺めたこと無きに等しきものと自戒する。

自然に親しみ観察する。その様子に癒され感動するは幸いなり。遅きに有りと思いうが、一念発起!失われた機会を有り余る暇・時間を割いて取り返そう。今がチャンスだ!お遊びだ!。
画像


そんな大志を抱き歩く程に、二の丸広場に咲く八重桜に目を移す。その奥に鎮座する和歌山城もまた絵になる・・・・・・・桜の根元で二人に女性。花見弁当を広げている。其の脇を瞬時お借りしてシャッターを切る。軽く笑顔、互いに交わしその場を立ち去る。

三年坂通りに面した空濠では躑躅が咲き始める。その上を「モンシロチョウ」・「アゲハチョウ」が忙しく飛び交う。
画像


緑映える雑草のなか「ムクドリ」一羽、ひたすら羽繕いに余念がない。邪魔をしないで立ち去ることに致します。
画像


ハルジオン・キク科
シオンには、「ハルジオン」・「ヒメジオン」があり、両者似た花を咲かす。花だけを見て区分するは難しいという・・・・・・・・
ハルジオン:背が低く、花は大きく少ない。根元に葉がある。蕾は垂れ下がっている。
ヒメジオン:背が高く花は小さく数多く付けている。ならば写真下は??花だけをアップで写すとその見極めは非常に難しいという・・・・・・・・その典型写真なり(笑)
画像


萌黄色の若葉に混じり「イチョウの花」を見る。銀杏はよく承知するが、花の存在まで気に留めなかった・・・・・・・
画像


イチョウの花も然り、カエデの花も、この歳になって初めてお目に掛かる存在です。観察力の無き事お恥ずかしい限りなり。

銀杏や片翼の翼果が二つ密着した竹トンボ状の楓の種子。今迄も随分とカメラに納め、眺めたものです。でも、今迄花には気付かず or 記憶から飛び去りしか・・・・・・・
画像


戦災で焼失した和歌山城。昭和33年、コンクリート造りで再建されたが耐震化と併せ旧様式で建替えの計画もありとか・・・・・・噂だけ先行か・・・・・・・・・
画像


ボツボツと「ボタン」も咲き始めた。
画像


質素な野草花も趣あり、品種改良された栽培花もまた見事なり。
画像


散り積もった花びら・・・・・・・・花茣蓙の上を戯れ歩くが如く「ハクセキレイ」の姿に見惚れる。
画像


尾羽を上下にフリフリ歩く・・・・・・・時として立ち止まり周囲を見渡し、何をしようかな?思案気に??
画像


はい〜負けじと「ツグミ」も闊歩する・・・・・・・・和タンポポも気になる存在。
画像




2017. 4.24  (月曜日)  晴れ  10:30〜

和歌川河川公園・・・・・・・
南は和歌川浄化水門から北は高千穂橋に至る全長2.5Km・7万u。昭和48年から川底に堆積するヘドロ浚渫処理場として川幅を狭め埋立た造成地。駐車場・テニスコート・サッカー・野球場を設け植樹し公園化された。樹木も成長し、お花見の出来る緑豊かな市民の憩いの場となっている。
画像


春一番に、寒緋桜が咲き、3月末には「ソメイヨシノ」・「大島桜」に「枝垂れ桜」。それに続いて4月初めからは八重桜が花開く。
画像


天気も良いし、歩く事苦手な家人を誘い久方ぶりに??いやいや京都花見に次いで、2週間振りに、花の下を肩を並べて歩く・・・・・・・仲良き哉(冷汗)
画像


なかなかどうして、写真で御覧の通り、結構見応えのある公園でしょう。近場で混雑無し!超格安で行ける花見の穴場と自慢出来ましょう。
画像


樹も年々大きくなります。今年より来年!来年よりまた次の年・・・・・・・どんどん見応えだけが倍加しますよ・・・・・・・
画像


此処でも「イソヒヨドリ」・「ムクドリ」が羽根を休めている当たり前の光景。
画像


桜のバックはやはり青空、八重桜も映えます。これ花見の醍醐味なり。そうだ!そうそう!緑の花、御衣黄桜も咲いていますよ。でも緑色は咲き始めて3日程、日が経つに連れ白からピンクへと変わっていきます・・・・・・・・
画像



2017. 4.27  (木曜日)  晴れ  10.30〜

今日は大潮、昼の干潮時は12:53である。ならば和歌の浦に行って見よう!目的はトビハゼの出現!それを確認する事にあります。現地着はチョット遅きか?既に、大きな干潟が出来上がっている。雲に邪魔されて日照は強くなし。

周囲僅か250m程の妹背山を一周して、トビハゼ・野鳥の存在を気にしながら歩いている。
画像


何故でしょう?今迄見て見ぬ振りをしていた訳でもないが、見過ごしていた伽羅岩の肌に、辛うじてへばり付く「ウバメガシ」の老木。その逞しさに今更の思いでカメラに納めておきましょう。
画像


ハクセンシオマネキも巣穴から這い出す。今年も健在なり!
画像


泥干潟を眼を凝らし眺めて見る。「トビハゼ」が居る!でも小さい!目が慣れてくると・・・・・・・
画像


居ました!居ました!距離があるが、小粒ながら此処彼処に蠢く!体長僅か3cm前後と探すには難しい程の大きさである。
画像


大型のトビハゼは何処。今、姿を見せるはオチビちゃんばかり。潮の引き際ならば、護岩石の隙間から顔を覗かす大型君に逢えたかも・・・・・・・・少々到着が遅れたかな!次回に期待しましょう・・・・・・・
画像


和歌の浦、妹背山・三段橋周りの干潟景・・・・・・・手前の泥干潟がトビハゼの活動域の一つです。
画像


文化庁がこの度、地域の有形・無形の文化財に「ストーリー」を与え、地域振興に役立てようとする「日本遺産」に、新たに17件を認定したと発表した。2015年に始まった日本遺産認定は。計54件になった。(読売新聞より)

和歌山県では、熊野灘の捕鯨文化を伝える「鯨とともに生きる」に次いで3件目。新たに加わった遺産「絶景の宝庫・和歌の浦」と「最初の一滴」醤油醸造の発祥の地紀州湯浅が共に認定された。地元住民として喜ばしい事!!朗報なり!!

これを機会に、官公民一体となって如何に認知度を深め、活用するかその手腕に期待いたしましょうぞ・・・・・・・・

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
若山さん、おはようございます。
見事に見ておられますね。
これも場数を踏んでいるあかしでしょうね。
ガイドも場慣れをすると、お客さんに安心感を与えます。
大勢の人が見過ごしている動物たちを
見事にウオッチングされているのには敬服の至りです。
又素晴らしい動物たちをお願いします。
セラ吉
2017/04/30 11:28
飛びハゼの季節到来😋
牡丹桜見事なり🎵近場に良き所あり幸い寒緋桜🌸ソメイヨシノ🎵、牡丹桜🌸❤楽しめマスね✨お二人揃っては、何より❗武者小路実篤の仲良き事は善きかなです
紀伊風土の丘で、大王松の花💠楓の花、他花が咲くから実が成る
いつまでも発見、好奇心持ちたいですね✨
翔女
2017/04/30 18:21
セラ吉さん今晩は〜
はい〜ご声援ありがとうございます。歳を重ねても知らない事ばかり、お恥ずかしい次第です。
この度、和歌の浦周辺の景観が日本遺産に認定。語り部の大御所。貴殿の語りが益々冴え渡ることでしょうと嬉しく思っています。頑張って下さい!!
5月の連休、躑躅に薔薇・藤等々近場ながら花巡りをと考えています。それを基に頭を悩ませ、錆び付いた脳の錆び落としをと考えています御笑覧下さい・・・・・
若山
2017/04/30 21:02
翔女さん今晩は〜
相変わらず飛翔する乙女なりですね。乙女は些か持ち上げ過ぎかな??
でも無理は禁物!セーブする事も必要ですよ!老婆心ながらいや老爺ながらですね。
私も、何とか頑張って連休をエンジョイしたいと思っていますが如何なる事やら。
何やカンや、遠出をしないで超格安、近場の散策で、行く!見!る知る!試す!調べるを実践致したいと思っています・・・・・
若山
2017/04/30 21:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
気儘に歩く〜 4月の記憶  桜・楓・イチョウも花咲く  四季を楽しむ・・・行く・見る・試そう・調べよう〜〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる