四季を楽しむ・・・行く・見る・試そう・調べよう〜〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 気儘に歩く〜 9月の記憶  名草山に登る!!

<<   作成日時 : 2017/09/19 18:56   >>

ナイス ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 5

2017. 9.14  (木曜日)  晴れ  9:30〜13:00

 台風18号は沖縄県 先島諸島近くでユックリと北東に進路を変え西日本を経て本州を縦断するという。当地への影響は16日以降との予想である。

待ちに待った秋の気配も其処かしこに。だが、予想よりも早く、台風の影響か?薄雲に阻まれ日照りは緩やかなるも湿度が高く蒸し暑く感じる朝である。

本日は、「いきいきシニアわかやまが」主催する「和歌浦湾絶景の名草山ハイキング」参加の日です。(写真下)高津子山より眺める名草山(中央)
画像


出発・集合場所 JR紀三井寺駅東口(写真下) 
9時30分出発→名草山頂折り返し→同駅15時帰着予定。
画像


駅前にて準備体操を済ませ 9:43分出発進行。駅前広場から町中へと・・・・・・
画像


三葛の屋並み。細い九十九折りの路地が続く。
画像


何処を歩いて来たのか?。案内無しでは辿り着けない迷路の様な道筋。それを抜けると正面にお寺が見える。此処が本日の登り口。
画像


9:54 正行寺(浄土宗・慶安元年(1648年)創建)門前に到着。此処より暫く急な石段が続く・・・・・・
画像


思えば7月中旬の事。那智大門坂ウォークの途中です。暑さで疲れ果てての参った!参った!苦い経験。以後、今日の為に一念発起。

毎日欠かさず我が家の階段を上下する事20回/約10分間・合せて260段の上り下り、汗だくとなって脚力強化を続けて来たのです。この日のために鍛えた健脚?。なんだ坂!こんな段!軽い軽い。
画像


10:00 金蔵院 案内板に依ると「この地は古く紀伊国名草郡和太荘三葛郷と称し鎌倉時代元応2年(1320)の古文書に、三葛の地に三葛大日如来寺在りと記されている・・・・・・大日如来坐像は鎌倉時代の運慶作と伝えられ市指定文化財・・・・・・」
画像


10:02 石段を登り詰めれば高皇神社(こうこうじんじゃ)に到着。此処にて小休止。

祭神:神皇産霊神(カミムスヒノカミ)・日前国懸大神。
神皇産霊神は、天之御中主神(アメノミナカヌシノカミ)・高御産巣日神(タカミムスヒノカミ)と共に、造化三神として萬物創造の神とされる。
画像


神社境内より、西方向に見る秋葉山
画像


神社を過ぎれば急な山道。雑草は刈り取られ綺麗に手入れされた道筋を快適に進む。有り難き哉。このゆき届いた整備は誰が?その労に感謝するのみ・・・・・・・
画像


名草山ハイキングコースは数多くあるという。本日のコースは一年中快適に登れる初心者向コース。案内書では正行寺から山頂迄約30分の行程とか・・・・・・
画像


10:25 一本松 2代目の赤松の若樹であった。傍らに大きな石碑がある。何の碑?
画像


名草山は標高228.6m・南北に約3Kmの山裾を持つ独立峰。寶亀元年(770)渡来僧為光上人によって開創された古刹。西国33所観音霊場第2番札所。金剛宝寺護国院。通称・紀三井寺を懐に抱き、お花見の名所でもある。
画像


「日本書紀」によると古代(伝 紀元前663年)名草地方は、名草戸畔(なぐさとべ)なる女王が統治する王国であった。神武東征のイワレヒコ(後の神武天皇)との戦で戦死する。名草山は、かっての名草王国の象徴であり人々が崇める神の山でもあった。 
                             和歌山市刊「健康ウォーク全33コース」より
画像


10:41 是より竹林の間道を歩く。見上げれば急な坂道・・・・・・・足元に気を配らねば!
画像


以外や意外!靴底に地面が吸い付くような?滑ることも無く快適に歩は進む・・・・・・・
画像


10:50 竹林を抜ければ山頂は目前。和歌浦湾を眼下に眺める。なだらか稜線が続く。姿は見せないがツクツクボウシの鳴き声盛んなり・・・・・・・
画像


和歌川河口に観海閣、玉津島神社周りの小さな山々。高津子山を通して遙か彼方に淡路島が霞んで見える眺望絶景かなである。
画像


10:54 「日の出台」と記した小さな標識板が掛けられている。東に龍門山・生石。高野の峰を眺望し、背には和歌浦湾を瞼に映す。
画像


名草山に思う・・・・・・・
昭和30年代初頭までは、当山は赤松茂る山であった。戦後の薪・燃料不足の代、近場に住む叔母・従弟に連れられ山頂にて遊ぶ。

叔母は(柴刈り)薪の代用に落松葉を掻き集め持ち帰る作業であった。叔母が、大声で私を呼ぶ!大きなマッタケを手に持ち笑っていた。それを貰い喜び持ち帰った記憶。名草山と言えば今も甦る大松茸の記憶である。

その後数年経過。昭和32年〜33年頃だったか???一週間程燃え続けた山火事により赤松は焼失し雑木の山に変貌しての今様である・・・・・・・・
画像


11:03 本日のゴール地点。 和歌浦湾を眼下に望む。(写真下)高く白い煙突は海南火力発電所、その右にマリーナーシチィーが広がる。
画像


山頂付近では、萩の花が咲きアゲハチョウが舞い降りる。熊蜂・アキアカネ・ギンヤンマも飛び交うを眺めている。
画像


11:20 木陰に腰を下ろし早目の昼食。
画像


ツマグロヒョウモン♂も目の前に・・・・・・・・
画像


木陰を好み飛び交う「ヒカゲチョウ」が休息中の女性に留まる。
画像


幾羽ものアゲハチョウが舞う・・・・・・・
画像


アゲハチョウ・・・・・・・・蝶に変わりあるものか?でも、山頂で見る蝶は、下界で見る依りも私の気持ちを昂らせ、その存在感は、一回り大きなものとして迫って来る・・・・・・・・
画像


小さな祠に、まんまるお顔の小さなお地蔵さま・・・・・・・・その前に少額の硬貨が数枚!
画像
  

12:10 名草山・紀三井寺についての語りを拝聴後、帰路に向かって出立。
画像


12:21 同じ道なり!でもでも登りは長し、下りは短し・・・・・・・
画像


12:57 帰路は素早く楽ちんなり!!鼻歌混じりで速くも正行寺門前に到着。
画像


三葛の屋並みを抜けて街道へ。後は出発点の駅前まで。我々仲間は、主催者に了解を戴きここでお別れコーヒータイムと致します。

以外や疲れも無く快適にウォークを楽しめました(笑)。それもその筈!歩行距離は短く気温も真夏日に程遠し。これでバテバテなら論外も論外!何処にも行けません・・・・・・・

でも言わせて下さい。前回の失敗を反省。短期間なるも健気に、地道に脚力強化。努力の賜物なりと評価したいで〜す。今も続けています・・・・・・・・

目標は!秋のウォーキングは数多く予定されている。なかでも11月「いきいきシニアわかやま」が催行する「芦生の森ハイキング」に参加する事です!!






テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 20
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
若山さん、こんにちは。
日頃の鍛錬が実ったようですね。

1本松に抜ける途中のお寺=
正行寺は尼寺ではなかったですか。
登り道がややこしくて覚えていません。
条件が良かったようですね!
セラ吉
2017/09/21 12:49
セラ吉さんおはよう〜
秋らしくなってきました。でも鬱陶しい曇空の朝です。まだまだ動けば汗が頬を伝います・・・・
はい〜毎日、衰えを感じる体力を維持するために頑張っていますが効果は期待できず(苦笑)
名草山!久しぶりの山歩きです。楽しい半日でした。正行寺については調査不十分、残念!存じませんでした。なお、今回のコースは登り口(正行寺)を見付けるのが本当に難しい??ですね。
若山
2017/09/22 09:55
名草山、行ったこと無いので、拝見して、楽しませて頂き、感謝❤松茸の思い出で、天気よし、鼻歌デ、楽勝✨
でも、日頃の鍛練ー階段下りの
翔女
2017/09/22 19:45
途中デ、てが触れー今の機械は性能良いね✨
努力家で鍛練が、実りましたね😃
とても、凡人の私には、真似出来ません💧✨
まだまだ、、此れから、一花咲かせて、下さいね😊🐱❤
翔女
2017/09/23 08:11
翔女さんおはようございます
はい〜毎日、僅かですが頑張っています。無理が重なると快復不可能は必至。軽く・長く続けることに意義ありです?(笑)
今朝から「平池緑地公園」探索を予定していましたが空を見上げると雲行き悪し・・・・諦めてPCの前にです。
若山
2017/09/23 09:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
気儘に歩く〜 9月の記憶  名草山に登る!! 四季を楽しむ・・・行く・見る・試そう・調べよう〜〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる