気儘に歩く~10月の記憶-2

 10月も中旬を迎えました。高い山々では、衣替えを済ませて紅葉のシーズン到来を告げる。事実、北アルプス立山では紅葉の見頃を迎えたという。
もう間もなく!私達の身辺でも紅葉前線の南下を身に感じて、夏の暑さに堪え忍んだ疲労感を癒して呉れることは確かです。

その走りか、「ハナミズキ」の葉は、お世辞にも綺麗だ!と言えないまでも赤味を帯び、落葉も始まっている。その枝先で、赤く艶やかな実が光を浴びて輝きを放つ。(写真下10月12日撮)

画像




各新聞・テレビ番組等では、iPS細胞研究所 山中伸也所長のノーベル賞受賞に喜び盛り上がっている・・・・・・・久々の明るいニュースに、恰も自分が受賞したかの様な喜びを感じるのは皆様も同様だと・・・・・・・・

文学賞に、村上春樹氏も候補に挙がっていると言うから期待していたが、莫言氏(中国)が受賞したという。残念ながらダブル受賞は叶わず・・・・・・次回に期待したい。

季節感の移り変わりは素早く、自宅の周辺で百舌鳥の甲高い鳴き声が響く。この時期の朝方大きな鳴き声を発するモズの御大に「お~ぉ、今年もやって来たか・・・・・・・」と聞き耳を立てる。

しかし、モズは渡り鳥ではないという。普段は身を潜めているのか?なかなか目に留まることが少ないというか殆ど見ること出来ず。

秋の訪れを告げるかのように甲高い声を発するのは何のため・・・・・・・この付近一帯は、俺の縄張りだよ~との誇示行動と想像するのだが・・・・・・・

画像




2012.10.11 木曜日 晴れ

今日は、家人のリハビリ通院日である。病院の駐車場に車を入れ、市立図書館に行く・・・・・・

先日カメラに納めた巨大蟹の名称を調べるためである。図書館といえども蟹に関する資料は多からず。確かにこれだ!と決め手となる資料を見付出すこと叶わず。


2012.10.12 金曜日 晴れ

今日も、午後からのアッシー君、時間待ちの合間に海南市まで車を走らせる。10月6日より始まった世界初の試み「直立浮上式津波防波堤」の工事現場を遠望する(写真下)。

毎日新聞・10月7日朝刊記事に依ると・・・・・・・30~50年の間に発生すると言われる南海トラフ巨大地震による津波に備えるため、緊急時に海中から海面に浮上する防波堤の建設工事を国土交通省が総事業費250億円で19年度までに完成させる。

湾の入り口、幅約230mの海底に、円筒形の部品を2重にした鋼管を並べて打ち込む。下部の部品(直径3m・長さ29.5m)を海底に固定する。津波発生が予想されると、自家発電装置による高圧空気で内側の鋼管を浮上させるという・・・・・7.5m迄約10分で浮上し、7mの津波に対応できるという。

すわ~一大事・緊急事態発生!・・・・・・・・何々、稼働しない!こんな筈では?等とは絶対あってはならないこと。「想定外!」と言わないように願いたいもの。効果は如何ほどか?、素人考えで批評は避けたいが、対策するは、しないよりマシ等で済まして欲しくはありませんぞ。

画像画像















帰り道、県立自然博物館に立ち寄る。先日来、名称検索に難儀をしている蟹の写真を持参し教えを請うためである。嬉しいことに、高齢者入館無料は有難きこと。

早速声掛けすると、若き女性学芸員を紹介される。写真を見て、素早く「ハマガニ」との名称を頂戴する。図鑑も用意下さり親切丁寧なご厚意に感謝するばかり。

甲幅5~7cmの巨大蟹?「ハマガニ」は特に珍しい蟹ではなく、普通に存在する蟹と聞く。名称が判った喜びの反面、珍しい物ではないとのお言葉に少々ガッカリ・・・・・・・

画像



2012.10.15  月曜日  晴れ

早朝、5時前起床、今日から三日間で草津・日光・鬼怒川へのツアーに参加する。集合場所の大阪駅へと急ぐ。

家人は、未だ日光を知らないという。以前からの願望・要望も無視を続けていた訳ではないが今日まで実行至らず。手頃なツアーを自分で探し出し申し込みを済ませたのである。私は、荷物持ちエスコート役。

「往復特急アサンダーバード利用!日光・草津・鬼怒川紅葉ベストルート」・・・・・・・20日以降の日程を希望するも、時既に遅く全て満杯。紅葉シーズンには時期早々と思いながらも止むを得ずの参加となる。

行程三日間の最終日、午後2時頃(帰路の車中)からの降雨迄は好天気に恵まれ申し分なし。山越えの車窓から見る紅葉も素晴らしく良きかな!良きかな!(写真下 白根山ロープウェイ山上より谷川岳方面を遠望する)

画像



2012.10.20  土曜日  晴れ

保育園の運動会に誘われる。写真を写す役割に要請されたのか・・・・・・・いずれにしても保育園の運動会とはご苦労なこと・・・・・・・

年少の園児は唯我独尊・動くことを忘れる!。元気に運動しているのは若き保育士さんばかりなり・・・・・・・・そのご苦労を思うと自身の肩こりも増長させられる感じなり・・・・・・・

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  • 翔女

    日々好日^^
    季節は、夏から秋~青空とモズの景は素敵;;「蟹の名前」探究心には、感心;;
    名前判明し,安堵ですね~
    日光を見ずに、結構と言う勿れ;;
    善男善女~お天気に恵まれ、山の写真は、素敵です^^
    やはり旅の一番の要素は、晴れ^^^
    次回の旅紀行を、楽しみに、期待して;;;待っています。

    2012年10月22日 11:24
  • 若山

    翔女さん今晩は~
    私達の街では、紅葉の訪れは未だ先のようですが、周辺では刻々と秋の気配を告げています。外を歩けば、その移り変わりの速さに目を見張るばかりなり。
    ヒヨドリ・モズ・ムクドリ・カモメも姿を見せ始めました。花の種類も秋色に様変わり嬉しくなるばかりです。

    行事に追われブログ更新は進まず(苦笑)ボチボチ作成致します。乞うご期待!
    2012年10月22日 22:48
  • やろい

    今日は。
    凡人では考えられない「直立浮上式津波防波堤」のことへええええ!
    と驚くばかりです(笑)
    旅は天候に左右されます。
    お天気に恵まれ好かったですね。
    特に白根山ロープウェイ山上より谷川岳方面・雨だったら何も見えません!
    1度は、雨で寒くて本当に痛感しました。
    2012年10月23日 14:18
  • 若山

    やろいさんおはようございます~
    何時もコメント有り難うございます。家人に引かれての日光参り、長時間バスに揺られるツアーにマイッタです。しかし往路・復路共、好天気に恵まれた秋色に変貌しつつある峠越えを満喫できたことは幸いでした・・・・・

    直立式浮上防波堤・・・・浮き上げに要するスペースを持たせばパイプとパイプの隙間はどうなることか等々????凡人の知恵では図り難く、果たして波を完全に遮断出来るのかを考えると眠れなくなります(笑)
    2012年10月24日 08:47

この記事へのトラックバック