気儘に歩く~9月の記憶  越中八尾「月見のおわら」を観賞  その2

2013.9.29(日)~30(月)   晴れ  備忘録

越中八尾 「おわら風の盆」に代わる「月見のおわら」で情緒豊かな踊りと唄・音曲を楽しもうと期待に胸膨らませてクラブツーリスト(株)オリジナルイベントに参加したのだが、しかし胸を膨らませ過ぎたのか、雑踏を嫌う気持ちが重荷なのか、気分は今一昂揚してこない。

暫し待つ程に三味線の音が響き、夜空高く届けよとばかし甲高い声が聞こえる。行燈の薄明かりのもと、編み笠を被りハッピ・浴衣姿の男女が踊る・・・・・・見たことのない風情に万感の思い、寂しげな胡弓の響き、やはり百聞は一見に如かず。世にいう「おわら」とは、このことかを実感させられる。

画像


踊り子達が、深く被る編み笠からは、お面を見ること叶わないが容姿から察して青年男女ばかしと思われる。地方(ちかた)には、年配者も声を張り上げていた。しかし踊り手さんには熟年者らしき方は見当たらない、何故?。地域の踊りなのにと不思議さが沸騰する・・・・・・・全町総出の「風の盆」とは取り組み方の違いなのか・・・・・

画像


20:00過ぎ、会場では一般参加者も混じり大輪踊りが始まっている。それを横目で追いながら一足お先に駐車場へと戻る。坂道より見る駐車場は観光バスで溢れんばかり。この分だとバスが動き出すまでには可成りの時間が必要であろう・・・・・・・

画像


集合時間は 21:30 予想に反し、遅れること僅かにしてバスは走り出す。約2時間足らずで斑尾温泉に着く予定という。夜行バスでは景色は見ること出来ず。何処なりや見当も付かず。ただ居眠りをするばかり・・・・・・

日付が変わる 00:30信州斑尾 ホテル タングラムに到着。出発は明朝、いや本日朝の 10:00という。昨日の早朝より20時間以上も活動していたことになる。

残念ながら温泉には浸からずシャワーで汗を流し1:30過ぎに床につく・・・・・・目覚めは、何時もの如く7:00であった。

出発までの待ち時間に周辺を散策する。遠くに「黒姫山」が見える。ロケーションは抜群!テニス・スキー・ゴルフ・トレッキング等々アウトドア派には堪らない施設であるが我々にはそれを楽しむ余裕はなし・・・・・・

画像


足下の「キバナコスモス キク科」に舞い降りるモンキチョウ&ヒメアカタテハ

画像画像












ホテルより見える黒姫山(2,053m)の雄姿にご満悦。 斑尾山・妙高山・戸隠山・飯縄山と共に北信五岳のひとつ。長野県上水内郡信濃町に在る成層火山、北向きより見る姿から信濃富士とも称される。

画像


車窓より見る野尻湖 4万年前に生息していたとされるナウマン象の化石が湖底から発掘されたようだ。カヌー・ボードセーリング等レイクスポーツのメッカ。夏期のフィッシングが盛んで、冬季にはワカサギ釣りでにぎわうという。

画像


11:14~12:00 牛に曳かれて善光寺詣り・・・・・昔から良く聞く言葉だが、曳かれはしないが、バスに揺られてのお詣りは、後にも先にも今回が初めて。

画像画像












本堂に安置されている秘仏「阿弥陀如来像」は、欽明天皇13年(552)、百済の聖王から献上された天竺の月蓋長者造仏である。疫病流行の際、異国の仏を信じた祟りとして物部氏によって難波(大阪)の堀江に捨てられたという。

推古天皇8年(600)上洛に随行した信濃の住人「本田善光」が、堀江に通りがかった際、如来像が出現し善光の背に乗ったという。これを信濃の国に持ち帰り堂を建て安置した。以来善光の名を付し善光寺とされたという・・・・・・写真下、門前の仲店通り

画像画像













善光寺参拝を終えて、昼食場所「ドライブイン おぎのや」へとバスは向かう。「峠の釜めし」(オプション¥1,100 or ¥1,500、見栄を張って高価な方を選ぶも蕎麦でも良しとしたのだが)を頂く事が目的なのだ。距離的には、犀川を越え、川中島古戦場を左車窓より見て少々、上信越自動車道 長野ICの手前近く迄走ったことになる。

12:40~13:20の僅かな昼食時間の後、長野ICから上信越自動車道を信濃町IC迄引き返し戸隠高原へと移動する。写真下、車窓より見る犀川(写真左)&千曲川(写真右)

画像画像











14:25~15:00 戸隠神社駐車場からマイクロバスに乗り換え鏡池へと向かう。道幅が狭く観光バスの進入は出来ないという。

画像画像














さほど大きくもない池、静かな水面に背後の山並みを映す鏡池。連なる山々の岩肌が雄々しい。

画像画像














小型の赤とんぼを発見!体長25mm程度「アキアカネ」???「ハッチョウトンボ」にしては大き過ぎますね・・・・・・

画像


西岳・本院岳を静かな水面に映す「鏡池」・・・・・・紅葉シーズンには色彩豊か、華やかな景色は素晴らしいものと想像する・・・・・・・今は未だ緑!残念ながら此処への再来は先ず望めないでしょう・・・・・・

画像


写真を拡大してご覧下さい。戸隠連峰左より西岳2,053m・本院岳2,030m・八方睨1,900m・戸隠岳1,904mの山並みです。戸隠山の右方には九頭竜山1,900mが続く。

画像


15:10 戸隠中社(写真下) 天の岩戸に籠もった天照大神を、神楽によって外に誘い出した知恵の神様「天八意思兼命・あめの やごころ おもいかね の みこと」を祀る。

鎮座年代は古く、第73代堀川天皇の寛治元年(1087)に奥社より還祀された。学業成就・試験合格・商売繁盛・家内安全・開運守護の他諸々の災難を祓うという。

画像


ご神木の影に居座る狛犬さん「吽」

画像



戸隠中社を後にして、16:00 信濃ICより上信越自動車道・北陸自動車道を経て金沢駅に到着。時計は19:05を示していた。

金沢駅19:43発大阪駅行きサンダーバード44号に乗車。22:25 乗り継ぎの便利な新大阪にて下車し約20分後の新大阪駅発22:44・御坊行きに乗車。和歌山駅到着は00:08。二日間停めていた駐車場より無事帰宅したのは 01:00 少し前の事であった。
昨日に続き、本日も午前様となる・・・・・お疲れ様でした。

画像




                                       -無事帰宅-

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

驚いた
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  • やろい

    今晩は。
    かなりの強行軍ですこと。
    近頃はドンドン強行群から遠のいています。
    後に残るようになりました。(笑)
    遠くに「黒姫山」が見えるロケーションや鏡池周辺の景色を拝見して
    やはり実際の景色を見たくなります。
    疲れも思いでになることでしょう。
    善光寺詣り・・・暗闇の戒壇巡りお参り?体験されましたか!
    2013年10月11日 21:32
  • 若山

    やろいさん今晩は~
    は~い、強行軍・強行軍!!我が町から大阪仕立てのツアー参加は大変ですよ・・・・・
    善光寺は、お札を販売する為の説法に時間を掛けて境内のお詣りや戒壇巡りなどカット・カット・・・・・・僅かな時間の大半を取られてしまいました。
    これも案内人に連れられて終わってみて始めて判ること・・・・馬鹿馬鹿しい事この上なしです(苦笑)
    2013年10月11日 22:41
  • セラ吉

    若山さん、こんばんは。
    とてもこのような強行軍は私には無理です。
    見かけよりもタフなんですね!
    好奇心が強いとか、奥さん孝行だけでは
    行きません。でも
    写っている写真を拝見して、
    雨にたたられていない様子で安心。
    信州の山々の詳しいこと敬服!
    もう少し大きくできませんか?
    2013年10月11日 23:08
  • 若山

    セラ吉さんおはようございます。

    は~い、何を仰る!タフなんて見かけ倒しも良いとこ、後の揺り戻しが大変です。一に、二にも家人サービスに徹する尻の下で息を潜めるゴキブリ亭主で~す。

    最早、雨男は完全解消で~す。しかし信州の山の中、もっと涼しさを満喫できるかと思ったのですが・・・・夜も昼も、暑い!暑い我が町とも変わらずでした。

    写真貼付は、web用に小さくしています。写真の上でクリックするか、画面最下段の%を150%・200%にして見て下さい。但し大き過ぎるとボヤケテしまいますが・・・・・
    2013年10月12日 10:16
  • 翔女

    謹慎中「老気の至り?」
    「おわら月見の盆」ー御天気で、盛り沢山の超ハード日程を、お二人で、楽しまれたのには、敬服;;
    私も数年前に「風の盆」行きました;;哀愁を帯びた胡弓の音色と、深編み笠のうら若き女性の、白き項は、印象深かった;石川さゆりの「風の盆恋歌)と、リンクしました;鏡池、信州の山,善光寺、の写真を眺め、想い出巡りさせてもらっています^^^綺麗に撮れていますね~
    2013年10月13日 10:28
  • 若山

    おはよう~翔女さん
    謹慎中??少しは元気を取り戻しましたか・・・・・
    何時までも続く夏日に困惑する日々で、まだまだ本格的な活動までに至らずの毎日です。その間貯め込んだ非公開の家人との熱々の写真と備忘録を印刷してアルバム作りをしています・・・・・・
    考えるに、アルバムを残しても後の始末が大変だと思って見るも、まあ~作っておくか!生きている証拠として(笑)
    2013年10月13日 10:49

この記事へのトラックバック