気儘に歩く~ 10月の記憶  友が島を歩く!!

2015.10.17  (土曜日) 快晴  9:00~16:00

某日、歩き仲間5名は頭を付き合せ「友が島ウォ-ク」を計画していた。偶然にも偶然!時同じくして超ベテラン「友が島」語り部さんから17日に「友が島」へ一緒に渡りませんか?とのお誘いの電話が入る。

驚きながらも、超ベテランに案内戴くは願ってもない事!お邪魔でなければ同行させて頂きます。二つ返事で御一緒させて頂くことを約束する。

催行前日の天気予報は、午後から「雷を伴う下り坂」些か不安感が漂う。しかし迎えた当日は快晴に近し、是ぞ晴れ男の心意気!面目躍如!これ見よがしに喜び勇んで集合場所へと急ぐのである・・・・・・

画像


友が島汽船(株) 大きさ:19トン「ともがしま」定員:110人。往復運賃:2,000円/大人。
加太港発 9:00 の便に乗船する。快晴の土曜日とあって、釣り人・ウォーカーで満席状態である。臨時便も出すとの案内があった。

所要約20分の船旅、虎島(4コマ写真左下)を前方に見て、読み辛いが「五所の額」(4コマ写真右上)が岩肌に見えてくる。
画像


波もない青海原を快走する。(4コマ写真上・右下)中の瀬戸(虎島と地ノ島間)に差し掛かる。此処は海峡幅500m 水深20m 潮の流れに波立つ海原を切り裂きながら船は野奈浦桟橋へと向かう。 9:25 野奈浦桟橋(写真下)で下船する大勢の乗船客。
画像


此処からは超ベテラン語り部H氏の尻を追うのみ。道筋に、ナルトサワギク・ホウロクイチゴ(写真下)等の群生を見ながら・・・・・・・昨年4月の「友が島」散策は、島の北西部から中央部迄の散策で終わっていた。
画像


今回は、島の北東部に在する葛城修験道場「虎島」の散策をメインとするも道路が崩壊、水没しているため引潮を待っての行動とする。それ迄、時間待ちを兼ねて第5砲台跡・第3砲台を巡る行程となる。海の家近く海賊の館か?☠旗が翻っている・・・・・・・
画像


9:45 海の家前広場・・・・・・・・本日の集団・H氏率いる5名、我々仲間5名+道中意気投合する仲間数名・・・・・
画像


9:52 今は使用できないが外回りだけが整備された旧兵舎のトイレ建物。
画像


9:53 第5砲台跡 (写真下)
島内では、明治22年9月から要塞工事が始まり、第1砲台から第5砲台、虎島には第6砲台等が建設された。島全体が軍事要塞として敗戦までの間。民間人の立ち入り禁止区域となっていた。
画像


槙の実・・・・・・・島内には、多くの槙の木が自生する。この季節、赤・緑2連の実が沢山付けている。赤い実を口に含むと甘くモッチャリとした味わいがある。
画像


10:17 道すがら巨石を幹に抱き込む樹木を眺め、木々の成長と経年変化の凄さを感じる。
画像


10:17 小展望台より見る北東の景色。昭和27年日本観光百選シリーズの24円切手の図柄に採用された景観という。
画像


10:29 タカノス山展望台・・・・・・・・
僅かに霞む対岸の淡路島を眺め、眼下には釣り船が無数。紀州加太は真鯛の一本釣りが特に盛んで、ここ紀淡海峡は、早い流れが育む美味なる真鯛の漁場でもある。
画像


友が島灯台・・・・・・・・
明治5年、英国人ヘンリー・リチャード・ブラントン設計に依る洋式灯台。観音崎灯台・樫野崎・潮岬灯台等に次いで日本で8番目に築かれたという。現在は、無線遠隔操作で無人灯台となっている。
画像


沖行く船は豪華客船・・・・・・・
写真を拡大すると、前方向に「celebrity MILLENNIUM」・後方には「Celebrity X cruises」と横腹に記されている。調べて見るとセレブリティ・クルーズ。本社アメリカのクルーズ客船運航会社所属の豪華客船と判明。

バハマ船籍の頓数:91,000トン・全長:294m・全幅:32m・スピード:24ノット。
乗客定員:2,034名・乗組員:990名。日本の旅行会社がチャーターし神戸港に向かう予定とか・・・・・・・
画像
 

10:41 タカノスヤマ展望台 標高119.9m 一等三角点所在地。正面の灌木は、島の各所で見かける「カンコノキ・コミカンソウ科」花期は6月~10月小さな花をつけ、カボチャのような小さな実を結ぶという。
画像


10:45 第三砲台跡・・・・・・・・
島内に在する砲台は計6か所。なかでも第3砲台は、榴弾砲8門編成で対岸の淡路島を本拠地とする由良要塞司令部を含め最大規模の施設という。幸か不幸か、戦時には一度も砲門は開かれなかったという・・・・・・・
画像


砲台跡の水溜りに生息する泥カエル・何処から侵入したのか外来種の赤耳亀(ミドリガメ)も水溜りに浮かんでいるは不思議!!
画像


11:01 近年超人気スポットとなったレンガ造りの弾薬庫跡。
画像


重厚・堅固なるレンガが醸し出すレトロ建造物。神秘的で時空を超えた世界へと日陰の冷気と共に誘い込まれる不思議感溢れる場所でもある・・・・・・・・
画像


11:04 真っ暗闇の弾薬庫を抜けると将校宿舎跡に出る。館に見る銃狭間と防御堤。
画像


上を見上げると梢に、十月桜2輪花開くを見る。是即ち平和の象徴なりやと現実に返る!!
画像


意気投合した美女連に説明怠りないW氏・・・・・・・昨年春デジカメに秘蔵していた、この地で咲く「ウラシマソウ」を見せていたとの事。残念なり!美女連は、此処から野奈浦に帰るという。
画像


11:25~12:00 美女連と分かれて我々は、南垂水キャンプ場へと進む。此処で暫し昼食休憩。持参したコンビニ・オムスビを食す。
画像


12:39 樹々の間から青い海が透けて見える林道。この道も要塞当時は弾薬や資材を運ぶ軍用車が忙しく行き交った道なりか?時代が変わり、落ち葉がクッションとなるウォーカーには快適な散策道と化している。
画像


12:43 林を道を抜けると、眼下に本日の目的地・虎島が見える。
画像


急な坂道を下ると海沿いの道へと続く。風波で傷んだ道は寸断され、今は干潮時のみ虎島に渡ることが出来るという。(写真下)最前方に小さく見えるは地ノ島・その手前、色濃く茂った山が虎島である。
画像


12:47 閼伽井の碑・・・・・・・・
仏様に供える供養水(功徳水)を閼伽という。その水を汲み上げる井戸が此処に有ったのでしょう。石碑が伝える語なり・・・・・・・・
画像


閼伽井の碑を囲んで10人の善男善女?一人足りない!!はい~1名はカメラマンとなっていますです・・・・・・・
画像


虎島・・・・・・・
沖ノ島から虎島へは、道は寸断され潮干を利用しての渡行となる。干潮時間14:25なるも虎島の先端までは歩行困難と見て引き返す事となる。

島先端部に、葛城修験道場「序品窟(じょほんくつ)・観念窟・五所の額」を見ることが出来る。また、島の岩盤には和歌山城築城時の採石跡(石を割ったノミ跡)や和泉山脈が形成された約7000年前の中世白亜紀末の地層や砂岩と泥岩の互層とその中に閉じ込められた古代アマモの化石等を見ることが出来るという。次回への宿題として残された・・・・・・・
画像


14:02 深蛇池・・・・・・・・道案内板に従い、散策道から約100m急な勾配を下る。
和歌山県指定天然記念物・友が島深蛇池湿地帯植物群落  (以下 表示板の概要記)
当池は、友が島の北東部に位置する面積2ヘクタールに及ぶ広大な湿地帯である。池の北方には、ヒトモトススキの群落が形成され、池面にはヒメガマ・フトイ・オオシダアシ・テッポウシダ等が群生している。
画像


春には、セリ・ヤナギゴケ等が叢生し、夏から秋にかけてはホソバウナギツカミが多生する等季節によって植生の変化が見られる。
画像


亜熱帯性のテツホシダは珍しく、紀伊水道に於ける分布の北限を示している。池一帯は、類例の少ない貴重な植物群落が見られ大切に保存を図らなければならない・・・・・・
画像


14:09 蒲浦海岸・・・・・・・
海岸から加太の山並みを眺める。中腹に見える白い建物は、加太国民休暇村であろうか?。見渡す限り湖面のように澄んだ海原を座りて眺め入る御仁一人。いま何を思うか!!
画像


当海岸一帯では、毎年4月~5月頃に「イワタイゲキ」の群落が黄色い花を咲かせるという。一度お目に掛かりたしである。
画像


14:48 本日の予定コース「歩数計:18,000」を見事歩き通し野奈浦広場に帰着した。後は15:30発の船便を待つのみ。(4コマ写真下) 右上欄 野奈浦桟橋から見る神島。
画像


本日歩いた道を下図「青点線」で示す。
9:35 野奈浦桟橋出発→→→海の家→→→第5砲台跡(槙の実)→→→小展望台→→→タカノス山展望台(豪華客船を眼下に見る)→→→1等三角点(標高119.9m)→→→第3砲台跡(赤耳亀・泥カエルを見る)→→→将校屋敷跡(10月桜)→→→南垂水キャンプ場(昼食)→→→閼伽井の碑(帰途・記念写真撮)→→→虎島(前方に見て引き返し)→→→深蛇池→→→蒲浦海岸(引き返し)→→→14:48野奈浦広場に帰着
       
                     ――― 長時間お付き合いお疲れ様でした!! ―――

画像








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 21

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2015年10月21日 23:50
若山さん、こんばんは。
名解説有難うございます。

昔映画の解説をする方で、終いには
「さよなら」、「さよなら」、「さよなら」と
言う方がいましたがまるでそっくりです。
調子が良ければ”虎島”に渡りましょう。
ご協力ありがとうございました。
さよなら、さよなら、さよなら
若山
2015年10月22日 08:26
セラ吉さんおはようございます~
友が島ウォーク大変お世話になりました有難うございます。
虎島への挑戦は、潮時を考え次回への宿題と致します。但し元気が維持できればの事ですが・・・・・当日も、現地で磯渡りに挑戦しようかと思いましたが同行の方々から「御歳を考え行くのを止めなさい!!」との引き留めに断念致しました。正解でしたね・・・・
翔女
2015年10月22日 16:39
友が島、語り部様とのハイキングは、スペシャルで、天気も最高!!♪♪♪
干潮の折に、渡れるとの虎島❗️三角の岩が滑りそうで、今回はリタイアする!
昔のレトロな煉瓦造の弾薬庫、関空の電波塔の今風な、白い屋根との、時代の流れは、平和の印😍深蛇池ー深閑とした風景、、、♪☆
今回は、新発見💖
若山様の視点には、感心します😳🍀
槙の実、花の名前、為になります
青空に写真が映えますね
皆様のお陰で、リフレッシュ出来ました
若山
2015年10月22日 20:23
翔女さん今晩は~何時も励ましのお言葉有難うございます(^O^)/
友が島ウォーク天候に恵まれ良いこと尽くしのウォーキングとなりました。
まだまだ探索したい箇所や山野草の開花・季節の変化で島はどのように様変わりするのか等々知りたいことが宿題として沢山ありますね。まだまだ老い込んではいられません。ご一緒に頑張りましょう・・・・・・
2020年10月20日 13:28
 懐かしい思い出が、湧き上がって来ました。
久し振りに、出かけようと思いました。

この記事へのトラックバック