気儘に歩く~ 4月の記憶  ギフチョウを見る(名和昆虫館)

2017. 4. 8 (土曜日) 雨  青春18トクトク切符「岐阜の旅」 ― 後編 ―

 熟年男女10名は、降雨・視界ゼロの岐阜城を後にして、次の目的地「名和昆虫博物館」を訪ねる。多分、仲間うちでは、黙して語らず。昆虫なんて興味なし!虫は大嫌い!キモイ~と仰る御仁も絶対いる筈・・・・・・・・・

そこは少々ご辛抱頂きお付き合い願います。私個人と致しましては、此処が一番の目的地。兎も角、季節的には「ギフチョウ」の羽化する瞬間に立ち会う事が出来るかも・・・・・・・

ギフチョウ・アゲハチョウ科 (写真下)蝶の下手に写る黒い2個の塊は、羽化を待つギフチョウの蛹です。
画像


13:25 歴史博物館を横目で見ながら岐阜公園内を歩く
画像


昆虫博物館全様(配布パンフから転写)ギフチョウの発見者名和 靖氏が創設した博物館。建物は大正8年、武田五一氏設計。唐招提寺のシロアリ被害木を駆除後に再利用した3本の丸柱がある。標本数30万点以上・・・・・・
画像


展示物の一部
画像


青い光沢を発す「モルフォチョウ・タテハチョウ科」
北アメリカ南部~南アメリカに掛けて80種ほど生息するという。光の屈折で青く見えるは、空飛ぶ宝石と称す鳥「カワセミ」の羽根と同じ構造色ですね。

調べて見ると、標本加工の際、腹部切除して体内より滲み出る油を止めなければ光沢が失われるという。
画像


カンアオイ(寒葵)・ウマノスズクサ科 多年草 花期10月~11月
日本固有種で関東地方から近畿・四国の山地・森林床に分布。ギフチョウの食草。ギフチョウは、この葉の裏に、50~60個産卵し、10ヶ月の蛹時代を経て翌春3~4月頃に羽化するという。(写真中程の紫色の物体が花の写真。但し3枚の大きな花弁状は顎片という)
画像


羽化して間もない「ギフチョウ」でしょう。ガラスケースの中では飛ぶこと叶わず。這い回る事しか出来ないは、如何にも可愛そうな気がする。

ギフチョウとヒメギフチョウの分布について説明書を読んでみましょう・・・・・・
ギフチョウは日本・本州のみ棲息する種で、秋田県南部を北限。東は山形県東北部。西は中国地方山口県東部。南は和歌山県北部まで分布。(参考迄、和歌山県北部にて食草を目当てに探索するも未だ目にする事無しである)

ヒメギフチョウは、北海道中央部・本州東北地方・信州にそれぞれ纏まった分布域がある。また群馬県の赤城山に飛び離れた産地がある。

どの種も、産地によって色彩・形・大きさ等に変異があり、よく見るとその産地の特徴を語ることが出来ます。なお、ヒメギフチョウは、本州産と北海道産とでは別亜種とされています。
画像


人工羽化であれ!生きた「ギフチョウ」に出逢えたは大満足!羽化の瞬間に立ち会えなかったは些か心残りなるも、これは致し方なき事です。高望みは致しません・・・・・・・・
画像


もっと長居したいな~後ろ髪引かれる思いで皆様の後に付いて退館となる。孫への土産にカブトムシの図柄入り下敷き2枚を購入する。

思えば残念の極み、失念した「記念昆虫館」への立ち寄り。見過ごして立ち去るは一生の不覚と言えよう。
画像


14:10 冷たい雨に打たれる桜を惜しみつつ次の目的地「岐阜大仏」詣とする。
画像


14:13 大通りを渡って直ぐ。岐阜大仏殿に到着。
黄檗宗 金鳳山 正法寺、江戸時代後期、第11代・12代住職は約38年の歳月を費やし托鉢行脚して天保3年(1832)に開眼供養が行なわれたという。
画像


岐阜県重要文化財・釈迦如来座像:大地震と大飢餓の災霊の祈願を立て完成させた大仏。骨格は木材、外部は編んだ竹に経文の和紙を貼っている事から「かご大仏」とも呼ばれる。乾漆大仏としては日本一の大きさという。
  高さ:13.7m・顔:3.6m・眼:0.66m・耳丈:2.1m・口幅0.7m・鼻高:0.4m
画像


14:30 大仏殿を出でてより、道を挟んで極近場の喫茶店にて約40分の休憩。本日の行程で乗車時間を除けば、滞在時間が最も長く居座る事となっていた。やはり、朝早き行程では、熟年者の集団を証拠付ける羽目となった様だ・・・・・・・・・

これ以降は、申し合わせた様「往に足早く」バス停に向かう。「大仏殿南」より岐阜バスに乗車。JR岐阜駅より復路を米原へ。
画像


岐阜から西に下るに従い雨降りも納まった様子。夕景色を眺めながらウツラ・ウツラ来年は何処へ・・・・・・

米原駅にて乗り換え→ 大阪駅 → 和歌山駅着 20:00。計画より1~2時間早く全員無事帰還せり。夕食を駅地下食堂で済まての帰宅。先ずはメデタシ!メデタシ!お疲れ様です!

                                        ―― 完 ――


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 18

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

  • セラ吉

    若山さん、こんにちは
    連続のアップお疲れさんです。
    私も最初の金華山・岐阜城よりも
    名和昆虫博物館と大仏さんの方が印象に残っています。
    後で知った柳ヶ瀬は、歌で有名な場所と知り見過ごした。
    今思えば残念の一言!
    2017年04月14日 10:36
  • 若山

    セラ吉さんおはようございます
    はい~お疲れです!!(笑)歳は隠せませんです。一つの行事が終われば、なか4日位、何もしない休息日が必要かと思う様になってきました。
    貴殿、柳ヶ瀬に興味がありとは存じませんでした。時間に余裕が有ったのだから途中下車して散策すれば良かったですね。残念な事をしましたね。
    来年は何処へ・・・・・もうコリゴリ何て言わないですよね!!
    2017年04月15日 09:09
  • 翔女

    雨の青春切符❤旅😋昨年の備中高梁松山城🏯も雨😂日頃の行い悪いのは、誰だ?滑ら無いように、岐阜城🏯織田信長の気分😍霧の中天下を見る‼?⁉
    三大大仏制覇、、鎌倉、なら☀
    昆虫館・蝶々、クワガタ、さそり😆盛りだくさんの1日冒険😊
    2017年04月29日 07:39
  • 若山

    翔女さんおはようございます~
    雨の青春切符の旅、2年続きの熟年男女の濡れ・濡れの冒険旅行となりましたね。これも風情、良き思い出の旅でした。
    来年は何処へ!!何時まで頑張れるかな?少し不安を抱きながらも、まだまだ捨てた物ではないよと叱咤激励しながら痩せ我慢も程々にと言われそう(笑)
    2017年04月29日 11:10

この記事へのトラックバック