気儘に歩く~  1月の記憶 部分日食を見る!

2019. 1. 6  (水曜日)  曇り

正月三が日は駅伝に明け、その走力以上の速さで連休も駆け抜けた気がする。朝から落ち着かない。幾度となく空を見上げては溜息をつく・・・・・・・

部分日食ながら2年10か月ぶりに太陽が欠ける。前々日から観測用の眼鏡・手製のフィルターを準備怠りなく、だが無情にも灰色雲ピッシリ空全体を覆っている。

観測を諦め一年の計は元旦にあり!早くも元旦から6日経過するが、我が家の予算書を作成しなければと準備に入る。

今迄、生活費は?家計簿なんて!月初め多くも無い小遣いを頂ければ、あとは不足しようが余ろうが全然関知せず。家人任せの50有余年。

困った!一人になった今、収入は決まった額の年金頼み。必要経費は如何程か?全然考えても見なかった。知識は皆無・・・・\\\\\\・・・・思案六法!

突然友より電話が!雲の切れ間より日食が見える!悩みは先送り!兎に角持つもの持って玄関より外に!

10:42
画像画像

10:57
画像

11:16
画像

11:19
画像


慌てながら、流れる雲に邪魔されながらの結果は、先ず先ず上出来の部類。お手製のカメラフィルターも威力・成果あり。日食の一部始終を見ること叶わずとも、経過の一部を見る事が出来ました。ラッキーなりです。

今年は、歳の暮れ12月26日に再度の日食観測が出来るという。これは1992年以来のことという。天候に邪魔されない事を祈りましょう。


2019. 1.10   (木曜日)  晴れ

倶楽部の行事。和菓子の老舗「総本家駿河屋」工場見学会に参加しました。和歌山市の老舗店、老舗も老舗、何と創業550年以上室町時代からのお店という。

和歌山市の老舗店、現役・操業中の3傑を調べて見ると・・・・・・・
寛正2年(1461)駿河屋(菓子)・天文元年(1736)玉林園(製茶)・明和2年(1765)帯伊書店(紀伊名所図会出版)を知ることが出来ました。

画像


見学用に戴いた「わいず倶楽部御一行様」と記したパンフ(写真下)。心遣いに感謝!
帰りに紙面掲載の「本の字饅頭」、江戸時代から続く米麹の発酵力で仕上げた酒香のする饅頭を土産に買って帰りました。

画像


和歌浦煎餅を焼く工程。あぁ~懐かしいや・・・・・・・・
幼少期の和歌浦。学校帰りの道中で食欲をそそる香しき匂いに誘われ立ち止まり眺めていた記憶が甦る。当時は、数個の金型を炭火の上に乗せ、裏返しを繰り返しながら焼いていた?

今は、自動化が進み、手作業は焼印を押し取り外すのみ。でも焼き上がった9枚のうち1~2枚は不良として撥ねている。約2割近くが商品に成らずとは??

画像


駿河屋と言えば羊羹!天正17年(1589)太閤秀吉の大茶会に、「蒸し羊羹」を改良した「紅羊羹」が引き出物として用いられ大好評。これが全国に広がったという。現在の羊羹(練り羊羹)の製法を確立したのが万治元年(1658)という。

幾つかの工程をガラス越しに拝見、通常の作業は早朝4時頃からという。展示パネルで創業からのお店概要を拝聴。戻ればテーブルの上。そこにはお茶とお菓子が並べられていた。

画像


駿河屋工場見学を終え、小倉界隈を散策・・・・・・・
旧街道・田圃の畔道を通り光恩寺・食事処で昼食・元村長の屋敷、越し屋根付きの旧家の佇まい等を眺めながら最後に、県指定文化財 天然記念物「姫小松」(和歌山市小倉 井口氏邸)を観賞する。

塀越しに樹木を眺めながら表門方向へと廻る。門扉は開かれて居り、厚かましくも断りなしで失礼いたしました。

庭には見事な樹。表示板には、五葉松の一種、松科の常緑針葉樹。幹周り1.5m・樹高約4m、放射状に枝別れした10数本の枝、長いものは7mにも及ぶ樹齢約300年の名木と記されていた。その立派な容姿に感嘆の声発す。

画像


歩きは時間にして約1時間。でも足は草臥れましたと申しています。まだまだ鍛えが足りません。お恥ずかしい次第です。

帰宅すれば厳しい現実が待ち受ける!はい~夕食は何を???お昼に贅沢を致しました。簡単に済ませましょうとレトルトカレーを温めて・・・・・・・・これ寡暮らしの気楽さなりと痩せ我慢するしかありませんお疲れ様!!(笑)






この記事へのコメント

翔女
2019年01月14日 22:39
日蝕のニュース聞いても、なかなか見ない‼ブログで、ちゃっかり拝見😃12月は、挑戦しようかな☺
綺麗に撮影出来ていますね🍀感謝😃
家計簿つけていますが、予定どうりにいかず、めも程度なり🎵
駿河屋、再生したが、中之島支店今月末、閉店、玉林園も本町閉店、老舗も厳しい時代デスネ✨
ぼちぼち行きましょう😃仲間ですよ🐱
若山
2019年01月15日 09:54
翔女さんおはよう~
部分日食!面白い写真が撮れたでしょう。貴女も12月に挑戦してください。ご指南引き受けます。乞期待!
家計簿って面倒なりですね。家人はコマメにつけていましたが私には無理です。でも僅かな年金、足を出さない様にチェックしなければ!困った事です。
大変なのは我が家だけでもない!老舗も大変なんだ!
はい~ぼとぼちとね!!よろしく。

この記事へのトラックバック