気儘に歩く~ 3月の記憶  タンポポを探して

 先月、2月17日のこと。自宅近くの山裾に群生するシロバナタンポポの開花を予測して現地を訪れたのだが、一足早く花は梵天(綿毛)と化し、カメラに納め帰ったのは僅かであった。今年の開花は早かった?。開花期に遅れをとってしまったと後悔するも・・・・・・・

だが、まてよ!4月・5月は最盛期の筈!そのうえ晩生のタンポポも有る筈。機会を待とうと決めての2週間後の3月2日。怠け癖を封じ込め重い腰をドッコイショと持ち上げ思い立てば行動あるのみ!再びタンポポは如何お過ごしか現地へと急ぐ!

見事!見事!予想通りに白い花の群れ!遠くからでも確認できるわ!勢い付いて!急げや急げ!

チョット一息!横道にそれて民家の庭先で咲く河津桜(写真下・3月9日写:暦を前後して御免なさい)
画像


何故か此処、三方が低い山に囲まれた盆地状の広場にシロバナタンポポが群生・開花している。黄花タンポポ(西洋)も存在するが今のところシロバナに較べ花数は少ない様だ。

画像


この群生地となっている広場は、昔の学校跡。現在は病院の所有地で一部駐車場となっている。

和歌山気象台公表の生物季節観測データーでは、和歌山市のタンポポ開花日は3月1日。平年よりも4日早いという。

画像


余談ですが、1970年代から始まったという。誰もが参加できるタンポポ調査。参考までにWebで調べて見ると今年は調査年となっていた。興味ある方は是非Webで確認ください。

西日本タンポポ調査。19府県が参加しての広域調査。2019年3月1日~5月31日。
                                   2020年3月1日~5月31日。

参加方法は
① 花の咲いたタンポポを見付ける。
② 調査用紙に必要事項を記入する。
③ たんぽぽの花を採ってティシュに包む。
④ 種があれば記録用紙にセロテープで貼り付ける。
⑤ 調査用紙とタンポポの花を事務局に送る。

画像


腰を下ろし花を眺めていると「虻」が訪問。花粉を舐めるのか?蜜を吸うのかな?様子を見ていると静かに飛び去る。一瞬の出来事なり。

画像


春先は、シロバナタンポポ優勢気味。暖かさが増せば黄花タンポポは急激に花数を増やす事でしょう・・・・・・

画像


3月27日 12:30

前回観察から25日も経過した。はや山桜が満開。ソメイヨシノは一・二輪咲き始めている。日陰の法面に、カンサイタンポポと土筆が揃って顔を出している。

画像


和歌山の桜開花は3月25日だったと記憶する。此処に数本在るソメイヨシノの古木、チラホラ咲き始めたばかりです。広場のタンポポは???予想通り白と黄色の競艶・花盛り。

画像


黄花タンポポの花頭を返して見ると手元にある「タンポポ調査近畿2005」の用紙に示されている総苞外片の反り返り状態は、私の見立ては「区分3」に該当する。即ち、総苞外片は横向きに開く(上向きと下向きが混じる)。

画像


以前は、桜の樹の下、斜面でも沢山のシロバナタンポポが咲いていたのだが、雑草の狩り取り作業で花数は減少し、目にするは5株程にも満たない現状。それに反し勢力圏は広場の西から東へと年々分布範囲を広げている。

画像


(写真下)前述した総苞外片の状態「区分3」と私が判定した黄花タンポポです。○× 如何でしょうか

「memo帳」
西洋タンポポは帰化植物。全てとは言えないが、クラーク博士で有名な札幌農学校の教師ブルックスが食用として輸入したのが野生化して日本国内に広まったともいう。

タンポポの種類は・・・・・・我が国には20数種類が自生するという。世界的には、タンポポ属として北半球の温帯から暖帯に400種が自生するという。

画像


陽だまりの道路にムラサキシジミが舞い降りる。落ち葉に紛れ存在を見失うも僅かに羽を広げると、あぁ~見付けた!

画像


ほぼ満開の桜。品種は不知。これから暫くは人々は上を見上げるばかりにて地上に咲くタンポポ等に眼を向けてくれない事でしょう。

画像


樹間の奥に見える広場に白・黄色のタンポポが群生する。此処は総て私有地ですから立ち入るについては了解を戴いてください。念のため!

画像


はい~長いお休みでした。やっと一つ更新出来ました。自分で自分を褒めてやりましょう!!

だがしかし、タンポポを外すと・・・・・・またまた愚痴・文句が淀みなく吹き出します!朝起きて先ず考える事は、本日の餌を何とする???これが一日始まりとは惨め!惨め!トホホ!

其れや是や考えてると!
新聞には、熟年(40~64歳)引き籠もりが全国61.3万人に対し,若年(15~39歳)引き籠りは54.1万人(2015年調)と若年者より熟年者が多いという。

引き籠りとは・・・・・・
社会参加(仕事・学校)を避けて家にいる状態が半年以上続く事。
自室や家から殆ど出ない(狭義の引き籠り)
趣味の用事の時だけ外出する(広義の引き籠り)
半年間に家族以外との会話が無かったと判る人(引き籠りに含める)

引き籠りには、それ相当の理由はあるでしょうにクワバラ・クワバラ引き籠らない様に、日々生き方を考え直したいと思います・・・・・・・・



この記事へのコメント

翔女
2019年04月01日 07:32
季節は、春麗らか🎵
引き籠りにならないように、レッツゴー🌠昨日平成最後の日曜日、自治会の総会、有吉佐和子講演、健康フェあの体力テスト、トリプルブッキング🍀新元号は、いかに迎えましょう😃
タンポポ博士😍以前連れて頂いた場所、マダアリマスカ?しろばなタンポポ探します🎵
若山
2019年04月01日 21:18
翔女さん今晩は~
ソロソロ桜が満開!タンポポも満開!でも気温が上がったり下がったり。どうも落ち着きません。
落ち着かないと言えば新元号、本日公表されてホッとする次第。全然予測外れでしたが「令和」、耳が悪くなった私、昭和と聞き間違いしない様に要注意(笑)
 タンポポですが、周辺では西洋タンポポが増えているなか、私の観察地では白花タンポポは勢力圏を広げ益々増えています。何時まで続くやら・・・・・
2019年04月19日 16:38
お久しぶりですね~お元気そうで何よりかと。
タンポポ、そういえば我が家の結構高い階ですのに毎年タンポポが風に乗ってででしょう?咲いていたのがいつの間に咲かなくなってます!つい他の草花の邪魔だとある程度咲いたら抜き去っていたら、気がつけばここ何年か?咲いているのを見なくなってます。そういえばたまにする散歩でも見かけなくなって来てます。
タンポポといえば黄色いお花だったかと?それが白い花びらにいつの間にかなっているのも気がつかず~~でした!
川の小魚もですが草花でさえ外来種が強い様で、案じられますね~
気をつけて見てみましょうと想ってますね~
ブログ更新してくださいね。また訪問させていただきたいから~~
私はそれこそボケ防止にと毎日どうということなく書いてます。毒にも薬にもならないことでして~~でも書くことに意義が、な~~んて。失礼しました。ではまた~


若山
2019年06月27日 12:05
 ごんさん御免なさい!コメントを頂きながらご返事差し上げなく失礼いたしました。何だかブログを開くことも、更新することも億劫になり??何のために?と考えるばかりなり。カメラを持ちだすことも無く日々家事に没頭していました。
でも、元気です!毎日・毎日何をするでもなく、自分の餌の準備だけに追われています(苦笑)。
昨日、6月26日、庭に咲く雑草の花に「アオスジアゲハ」が訪れ、久方ぶりにカメラのシャッターを押しました。これを機にブログ更新を等と考えて見たり?如何なる事やら??

この記事へのトラックバック