気儘に歩く~ 9月の記憶  大阪府民の森:星のブランコを歩く

 2019.9.29(日曜日)「 晴れ 」

交野市・磐船神社の参拝と洞窟巡り、大阪府民の森「ほしだ園地」を歩こう!計画は、何時もの任せば総てOKと定評のあるW氏。彼の後を着いて歩くのみ!でも心配は己の脚力。

予報では雨の確立大なりである。前々日リーダーより雨を覚悟しての催行決定を了承しての当日を迎える。玄関を出ると嬉しや!青空が見える。若干の不安を抱きながら男女7名、南海和歌山市駅発8:00特急サザンに乗車。地下鉄・京阪電車を乗り継ぎ京阪私市駅10:20過ぎに到着。

10:24 京阪私市駅前
此処迄来れば後は当たって砕けよ!絶対取り戻す事不可能な最高齢者の称号。仲間の脚を引っ張らない様に覚悟を決めて、前向き!前向き!その心構え強くを前面に、半ば破れかぶれの挑戦!先ずは国道168号バス停まで約10分を歩く。

P9290001 (500x375).jpg

10:33 バス停脇の田甫に、黄金色に変わる稲穂のなかで真紅の彼岸花が眩しく揺らぐ・・・・・

P9290002 (500x343).jpg

土手には「庭藤・ニワフジ」が薄紅色の花を付けている。これから歩く先々で多く見る萩に似た花である。調べて見ると「岩藤・イワフジ」ともいう。マメ科の多年草。植栽されたものが多く自生は珍しいという。

P9290004 (500x374).jpg

10:50 京阪バスに大凡15分揺られ盤船神社前にて下車、神社へと下る。天野川沿いに道、川幅は狭いが不思議な事に、流れはスッポリと隧道に吸い込まれている珍しい景色を目にする。

P9290006 (500x375).jpg

10:55 盤船神社境内へ。境内の洞窟探索、所要約30分という。果敢なる女性4名が挑戦するも足元覚束ない後期高齢者は自粛する事と致します。

P9290007 (500x375).jpg

磐船神社(交野市) 生駒山系の北端、交野市を南北に流れる天野川の上流部に位置する。高さ12m・幅12mの船型巨石、天磐船(あまのいわふね)をご神体とする。
祭神:饒速日命(にぎはやひのみこと)神武天皇が東征する以前に大和の地に降臨され治めていた神。物部氏の祖神という。

P9290008 (500x375).jpg

洞窟めぐりに挑戦する女性軍を待ちながら境内を散策。
「オハグロトンボ」がひらひらと蝶の様に舞う。時には玉砂利に留まり、或は川底から延びる灌木の葉に留まる。それとは別に「テングチョウ」も頻繁に離着陸を繰り返す。かと思えば、微かに芳香を放つ傍らの金木犀に「クロアゲハ」が飛来する。でも、何れも素早い行動にカメラは追い付かずは残念・・・・・

P9290023 (500x375).jpg

12:15 星のブランコへの出発点。
所要約30分、洞窟探索を終えた女性軍が、涼しい顔で戻って来た。境内の片隅で早めの昼食を摂り、目的地「 星のブランコ 」へと歩く。車止めのヘンス脇を抜ければスタート点。暫くはコンクリート舗装の急な坂道。

P9290028 (500x375).jpg

12:31 案内図を頭に記憶して

P9290029 (500x298).jpg

ヒヨドリソウ ・キク科  Vs  メスグロヒョウモン・タテハチョウ科
遊歩道脇に、小さな白い花、ヒヨドリソウの群生だ。アサギマダラの飛来を期待するもそれは叶わず。メスグロさんが目の前に飛来し暫し花で休息する・・・・・

P9290037 (500x375).jpg


12:46 🚻休憩所
束の間の休憩。少し横道へ反れて展望台へと歩く。後方から足音高くランニング中の男性、勢いよく階段坂を掛け上る雄姿に素早く道を譲る。

P9290039 (500x375).jpg

12:56 遠くに街並みの見える展望台。一羽のカラスが足元で様子を探る様にして飛び去る。

P9290041 (500x399).jpg

星のブランコが眼下に・・・・・・
大阪府交野市星田、敷地面積105万平方メートル、東京ドーム22個分の広さを有する大阪府民の森。
平成9年大阪国体山岳競技の会場として「ほしだ園地」にクライミングウーオルが整備され、同時期に眼下に見る「吊り橋」も作られたという。春は新緑・秋は紅葉が見所という。本日は蒸し暑いも緑が爽やか・・・・・

P9290042 (500x277).jpg

展望台から見る大阪・京都の街並み、右手奥に京都タワーが微かに見える。

P9290044 パノラマ写真 (500x181).jpg

遠くに吹田万博公園の観覧車・太陽の塔も見える。望遠を最大限にして是だ!

P9290061 (500x375).jpg

13:16 展望台から折り返して、星のブランコへの分岐点。

P9290062 (500x375).jpg

13:20 愛称「 星のブランコ 」交野市は七夕伝説の地、星降る里のシンボルとして、この吊り橋を「 星のブランコ」と命名したという。

P9290064 (500x375).jpg

星のブランコの概要
全長:280m・主径間:200m・有効幅員:1.2m・最高地上高:50m・米松の床板張り。
吊り橋の使用鋼材は、鉄・銅・クロム・ニッケル合金(耐候性鋼材)。鋼材表面を特殊な錆で覆われて鋼材内部に水や酸素を通さない内部防錆を目的としているという。

十津川に架かる谷瀨の吊り橋を想像していたが・・・・・愛称「ブランコ」にしては殆ど揺れる事の無い吊り橋、床板もきっちりと隙間なし。怖さに襲われないで~す!

P9290071 (500x375).jpg

13:30 本日の目的、吊り橋に満喫して標示板「ぼうけんの道」階段道を杖を頼りに蟹の横這い、ひたすら下る!下る!。これ逆(上りだったら)死んじゃう感じ!

P9290074 (500x375).jpg

13:51 路肩に咲くピンクの花。  あなたのお名前なんですの??

P9290077 (500x375).jpg

13:55 地上高16.5mのボルタリング場 約30分の休憩と見物。
何んと物好きな??命綱で安全を確保しているとは言え、若い男女に熟年者。こんな危険な事と尻の穴コソバクして見ています。

kuraiminngu画像2 (500x171).jpg

14:26 ほしだ園地も終わり近く、川沿いに敷設された木造歩道橋を快適に。残すは、出発地「私市駅」までの約一時間の行程。心残りは、歩行・休憩中の随所で見かけた小さな蝶「ウラギンシジミ」をカメラに納めること叶わずは残念の極み、不覚なりである。

P9290085 (500x374).jpg

14:35 ほしだ園地の踏破は此処にてエンド。此処から残すは私市駅まで

P9290086 (500x375).jpg

14:36 国道168号脇の農家の庭先で柿の無人販売台。お持ち帰りは重いから止めにする。国道を横目に見ながら川沿いの遊歩道を歩く・・・・・・

うぅん~知らんかった!思いもい依らぬ上り下りの階段と自然道。一度国道に至りて張り詰めた気合も折れてしまった刹那の出逢い。再び出くわす難関道とは・・・・・川の対岸、国道が恨めしい~

P9290087 (500x375).jpg

15:18 やっと出発地京阪私市駅に着きました。頑張りましたね!!マダマダ頑張れるかな??いえいえこれで充分です・・・・・ここらが潮時もう頑張れません~~

P9290089 (500x375).jpg

冷房が効果的な各列車内、疲れた足に痙攣が??常備の漢方薬68を頓服にして、やはり歳です・・・・・・
それ以上に、普段は車内で眼を閉じていても居眠りなんか経験の無い事。でも暫し記憶が頓挫する程眠っていたとは?お恥ずかしい限りなり。

帰宅後は、ベテラン山ガールのご教示通り。疲れた下肢のケアを実行いたしました。
入浴前に下肢全体を冷水浴、冷たくブルブル辛抱しながら・・・・・・其れから入浴。湯船の中、温めた下肢を下から上えと丹念にマッサージ。無理は禁物!明日午前の健康体操行けるかな・・・・・・行って来ました!頑張れましたよ。

でも三日・四日後の脚は重くパンパンにしてヒコズリ歩くは完全にお歳の証拠なり・・・・はい~お粗末!!









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 16

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  • セラ吉

    若山さん、こんにちは。
    10年近く前にJ:COMの
    地域の集まりで参加したことがあります。
    あの広い場所を歩かれた!
    素晴しい!
    2019年10月07日 16:44