気儘に歩く~ 4月の記憶 八重桜・ツツジも花開く!!

 4月16日木曜日、4月も中間点。数日前までは、肌寒い日が続いていたが、嘘のように暖かい一日となりました。しかし、明日にまたまた天候は下り坂、雨模様との予報です。洗濯日の選択が悩ましくなる。

(写真下:和歌川河川敷公園)
P4160072 (500x375).jpg


世界的に感染の収束儘ならないコロナウイルス。本日夕刻より、緊急事態宣言を全国的に拡大するための諮問会議を開催するという。4月7日に東京・大阪など大都市圏に発令されて、なお収束の兆し見えずは困った事。何故全国一気呵成に実施しなかったのか?結果論というべきか?でも、出し惜しみの結果が今だ!。自粛率80%の達成何とかやり遂げなければ・・・・

夕刻のニュースをモヤモヤ気分で聞きながら夕食の準備。献立は、鶏モモ肉の照り焼き・ポトフ・昨日の残り酢の物(カニ缶・キウリ・ワカメ)が食卓に並ぶ。

P4160001 (500x337).jpg


今朝のこと、不要・不急の外出自粛を我慢強く励行中。でも、高齢者が自宅に籠もりぱなっしは健康に悪し??なんて理由付けして、三蜜に配慮怠りなくマスクを装着して近場の河川敷公園を散策、いや、自転車に跨りの行動です。

P4160110 (500x375).jpg


枝垂れ桜・ソメイヨシノは散り半ばを過ぎて、お後は引き受けましたよと八重桜に躑躅が咲き始める。遠くに出掛けなくとも極々近場でお花見を満期出来るは絶好の場所。
(写真下):「御衣黄・ぎょいこう」 4月中旬から下旬に開花する緑黄色の八重桜。花は中輪で貴族の装束萌黄色に近いことが名前の由来という。

P4160022 (500x375).jpg


あぁ~そうだ、そうだ!思い出したは吉日。出掛けた序に、少し足を延ばして、。キウリ・ゴーヤーの苗を買って来よう!狭い庭の事。3本もあれば充分。毎年・毎年の収穫は100本足らず。夏場にキウリを買う事不要は、嬉しくもあり楽しくもあり。植え付けの床土には充分気を配ったつもりなるも、今年の成果に期待を込めて植え付けを終える・・・・

P4160033 (500x375).jpg


午後の事、今年お初となる「アゲハチョウ」が裏庭に舞い降りる。急いでカメラを取りに室内へ・・・・・・残念!戻って見れば姿は見えず。大きく茂った「パセリ」や「三つ葉」に産卵するを楽しみ待ってます!

(写真上ー1)
P4150008 (500x375).jpg


その狭い裏庭に一本の椿が今年も花を付けている。十数年前、家内が実家より持ち帰った鉢植だった。窮屈だろうと鉢から出して露地植えしたものの、大きくなり過ぎ毛虫がやたらと繁殖する。毛虫退治と葉や枝を切り取り、切り落としの結果が無断な立ち姿に変貌。

(写真上ー2)
P4150005 (500x375).jpg

今では、枝の一部はキウリの添え木の固定に利用されている。それでも健気に花を付ける・・・・
あら~不思議?一輪だけが花弁全部が開いているではないか(写真上-1)。何時もなら、蕾の一番外周りだけが開いて、内は宝珠の如く丸いままで落下するのだが(写真上ー2)。

画像-1.jpg


(写真下)完璧までに開いた花弁、その数の多さにバラシて見ると!・・・・
幾分雨に打たれ変色始めた一輪、大小合わせて100枚の花弁。その下部の額は11枚。不思議な事に雄蕊・雌蕊の存在確認出来ず。本当!!実は作らず乙女の儘に!

画像-2.jpg


何時もの開花後の落下物(写真下)中心の宝珠状の塊を裂いて見ました。ギッシリと花弁が詰まっています。

画像-3.jpg


一昨日は、検査入院後お初の予約診察日。血液検査は異常なし。でも、自覚症状は好くも、悪しくも無しですが、足の感覚に改善の兆し見えずは嫌な事。入院時に採取した髄液検査の結果を待って次の方策を考えるとの事ですが・・・・・治癒する可能性について問うも言葉還らずは寂しき限り。一ヶ月後の再診察日まで前を向いて進むのみ・・・・・・・

(写真下)公園内の躑躅も花開く
P4160105 (500x375).jpg



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 13

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい