気儘に歩く~ 3月の記憶  コロナが怖くて!!

 2月末からの別荘暮らしから解放されて2週間足らず。やっと普段の生活に戻りつつ有る。外出は、食料品の調達以外コロナウイルスの感染もさることながら静養を兼ねて控え目に、だから暇と云えば閑・暇!為すべき仕事は3度の賄いが主な仕事です。

でも、仕事なりと言ってしまえば簡単な事!。でも独り身の私には一大作業なのだ。横着すれば、往々にしてインスタント・レトルト食品ばかりが卓に並ぶ。それは詰まらん、無い知恵絞って出来得る限り料理をする健気さをご立派!りっぱと褒めてやりたしである。
(写真下:28日夕食 作業の簡便化を図るトマト・ブロッコリーを彩りにシーフードパスタ&野菜たっぷりポトフ)

P3280001 (500x311).jpg


弥生3月、残るは三日ばかりとなった。2月の何時だったか、記憶は定かで無いが毎朝々、新聞を取りに外に出ると、何処からともなく若いウグイスの鳴き声が聞こえてくる。周囲を見渡すも姿は見えず。嬉しや!3月下旬には円熟した艶のある声で囀るを聞くこと朝の楽しみとなっている。

「月日は百代の過客にして行きかふ年もまた旅人なり・・・「松尾芭蕉:奥の細道」の出だし。月日は永遠に終わる事の無い旅をする旅人の様に去っては又やって来る旅人であるという・・・・歳を重ねると、その旅人のやって来る速さに驚くは私だけでしょうか。(写真下 自宅近く、枳殻の垣根に絡むアケビの花)

P3280156 (500x375).jpg

P3280157 (500x375).jpg


別荘暮らし。その間、巷でのコロナウイルスの脅威は、少なからず治まるのではと安易に考えていた。その勢い一向に衰えず。感染の勢い益々増すばかりに恐れを抱く。

これには参った!参ったである。外出自粛要請に依り手話講座も中止。JR青春とくとく切符を利用しての旅など3月から4月に掛けての計画総て中止となる。家に籠もるは複雑な心境なり。新聞を読んでも、テレビニュース・ワイドショウ然りコロナ・コロナで溢れている。月日の巡る速さは容認いたします。だが、コロナの勢いだけは御免蒙りたしである。

P3310001 (500x375).jpg


私、再三独り身を強調しているが、実際には手の掛らぬ扶養家族が有るには在る。大きな甕で飼育する金魚と鮒が各々2匹。毎朝、遅いなぁ~言わぬがばかりに大きな口をパクパクさせながら水面に姿を見せる。今年は、暖冬故か毎日欠かすことなく大口広げて餌の投下を待っている。

P3310003 (500x369) (500x369).jpg


そして、もう一組の扶養家族は「キアゲハ」の幼虫(青虫)なのです。4月ともなれば、青々と茂った(写真上)パセリに、蝶が舞い降りて沢山の卵を産み落とす。それが幼虫となって葉軸を残すだけの大食漢。蛹になる直前に飼育箱に移し、変態する様子を観察するを楽しみにしています。

昨年の事。移し替え遅れて十数匹の青虫は、総て(写真下)自宅周辺をテリトリーとする「イソヒヨドリ」の餌食となってしまったのです。

P3210011 (500x375).jpg


丹精込めてパセリを育て、それを食するキアゲハの幼虫、それを見逃さず捕食するイソヒヨドリの御夫婦。金魚・鮒を含めて、これ総て私の扶養家族と位置付けます。但し、所得控除の対象にはなりません。(笑)

P3310027 (500x375).jpg


今日は月末。支所への小用の序に、近場の紀州東照宮前・御手洗池の周りを散策する。和歌山の桜開花宣言は23日だった。以後一週間の経過を見るも未だ満開とならずでいる。

P3310018 (500x375).jpg


池にはキンクロハジロ・ホシハジロなど数羽浮かんでは潜る動作を頻繁に繰り返している。そう言えば、昨年末から今年に掛けての渡り鳥の観察は皆無であった。当地でカメラに納めた鴨類は此の写真がお初の事かな。

P3310044 (500x375).jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 12

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)